ダンボールコンポストの作り方

準備するもの

ダンボールコンポストを作るために準備するもの(最低限) 段ボール箱
ピートモス20リットル以上
もみがらクンタン10リットル以上
プラスチックスコップ
ガムテープ

箱を組み立てる


1.底を交互に組みます。こうする事で強度を確保します。ガムテープで固定しても構いません。 底は蓋を交互に組む

2.段ボール箱の上の蓋を立てて、横をガムテープで固定します。高さを持つことで土がこぼれにくくなります。 上の蓋をガムテープで固定し立てる

3.底に新聞紙を引きます。新聞10枚程度を重ね厚みを持たせます。ダンボールを強いても構いません。
新聞紙を敷く

4.百円ショップの折りたたみ台を使います。そこが網状になっているのがポイントです。
百円ショップの台

5.観葉植物用のキャスター代をビニールロープで固定。

キャスターを取り付ける

土を作る

1.ピートモスともみがらクンタンを準備します。
籾殻くんたんとピートモス

2.よく攪拌します。割合はピートモス3:もみがらクンタン2ぐらいですが、目分量で大丈夫です。箱の半分ぐらいまでが、ちょうどいい量です。
くんたんとピートモスを混ぜる

混ぜるとこんなかんじ
こんな感じです
3.水分の補給
最後に、水をコップ一杯程度250cc入れてかき混ぜます。水分がある程度ないと発酵しませんが、入れすぎると水漏れをするので注意。

蓋を被せる

 最後に蓋を作ります。蓋は防臭と防虫の効果があります。

ダンボールで蓋を作った例:防臭効果高い。
08年1月24日の様子(外観)

洗濯ネットをかぶせただけの例:通気性が高い。
虫除けネット

さあ、使ってみよう

これでダンボールコンポストが完成です。

MENU

こんなときは?